フォト
無料ブログはココログ

« 花も夜休む、(カモミールの花)。 | トップページ | 亀の甲羅干し、、。 »

2011年5月15日 (日)

睡蓮(スイレン)の艶やかさには、参るね。

睡蓮の美しい池がある(温室だが)。(フラワーセンター大船植物園にて)

睡蓮で思いだすのは、パリーに行った時、「オランジェリ美術館」に寄った。

ここは、モネの睡蓮美術館で、中に「睡蓮の間」があり、壁一面に池に咲く

睡蓮の絵で、飾られ自然の採光で見れるように工夫されていた。

オッサンは、教科書の小さなモネの絵しか見た事無いので、床から

天井までの、睡蓮の絵を見た時は、ビックリで、流石、美術の国フランスと

カルチャアショックを受けた事を昨日の様に思いだす。

   (画像をクリックすると拡大します)

Rimg1103_7
睡蓮には、熱帯種と温帯種の二通りがある様ですね。
その違いは、花の色に現れると言う説がある。
ここは、温室だから熱帯種でしょう、熱帯種は、青、紫系が
濃い色だそうですね。

ハチが、艶やかに惑わされ近寄る(オッサンもよくあったな~?)

Rimg1093_3
「睡蓮」と「蓮」の見た目の違いは、葉の形が違う。
切れ目の有る葉が「睡蓮」で、切れ目が無く丸い円形の葉は「蓮」。
花を中心に放射状に広がる葉も整然と並び綺麗ですね。

Rimg1098_5 Dsc02856tc_6_2

Dsc02852_4
水面には温室の天井、側面のガラス張りが写り込んでいる。

Dsc02851_2
暖かい水面にメダカが集まり、メダカの学校で勉強している。

   Rimg1105_8

それぞれ個性的な色の濃淡、花びらの形を主張していますね。

名前の由来ですが、「睡眠する蓮」で夜は眠るので、花は無く
朝方に花を開き、皆さまに艶やかな姿を見せるので、眠る蓮で「睡蓮」らしい。

« 花も夜休む、(カモミールの花)。 | トップページ | 亀の甲羅干し、、。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

見事に綺麗だね。
いい写真だと思います。

しいさんへ
写真が綺麗か?、花がきれいか?。
おほめの言葉有難う、オッサンは褒められて育つ方だから??。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花も夜休む、(カモミールの花)。 | トップページ | 亀の甲羅干し、、。 »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30